MENU

早漏の様々なタイプ

早漏,諸々

 

早漏でお悩みの手法、ご自身でその原因、背景をご存知ですか?

 

早漏にはクラスがあるのを知ってましたか?

 

それに当てはまる改善テクニック、改善やる医薬品もありますので、敢然と把握しておく事が必要になってくる。

 

早漏の原因には大きく分けて三クラスあります。

 

センシティブ性早漏

神経因性早漏

劣化性早漏

 

一つずつ説明させていただきますので、ご自身がどの早漏なのか、ご理解いただければと思います。

 

センシティブ性早漏は?

早漏,諸々

 

センシティブ性早漏というのは、物理的に陰茎がセンシティブになりすぎる事例にて、多少の触発を受けるだけで射精してしまうという乱調になります。

 

たとえば、以下に当たる手法はセンシティブ性早漏の可能性があります。

 

プレス、締めつけに弱々しい手法

お客様の戦略による触発にない手法

亀頭部分け前が弱々しい手法

 

こちらの人は青少年~20代に多いようだ。

 

ではなんでセンシティブ性早漏になってしまうのか?

 

包茎が原因

センシティブ性早漏の原因として、陰茎が触発に弱いのは、包茎が原因な事が多い傾向におけるようです。

 

包茎の男性は、陰茎の亀心中がある程度皮に覆われているわけですから、始終守られていて、外部からの触発には慣れていないので、多少の触発もものすごく受けて仕舞うについてになるのです。

 

因みに執刀などで包茎を治したとしても亀心中が触発に慣れていない結果、アッという間に早漏が直るわけではないと考えられます。

 

自慰態度の病み付きが原因

男子であれば、誰でも自慰態度はやるものだと思われますが、その普段の自慰態度にも原因が潜んでいるのです。

 

それは自慰態度を取り止めるのが速い、という手法だ。

 

それによって掛かる指標返照が原因になります。

 

しょっちゅう自慰態度で陰茎への触発でアッという間に射精やる手法は、それに慣れてしまっていて、身体もアッという間に射精する事を覚えてしまっているため、性行為の時も素早く射精してしまうという事が原因なところがあるのです。

 

神経因性早漏は?

早漏,諸々

 

神経因性早漏というのがあります、これは主に物理的な陰茎への触発ではなく、

 

女房の裸、気持ち、面構え、考えなどについて、きつく喜びを感じてしまい、射精が早くなって仕舞うというものです。

 

性的な感覚が硬い他人、性欲の硬い他人に数多く言える傾向にあるようです。

 

現代では、早漏人口のなかば以上は神経因性早漏ですという統計が出ています。

 

以下にあてのある手法は神経因性早漏の可能性があります。

 

陰茎への触発がない状態でインサート前に射精してしまってある

女房の考えや面構えなどに興奮し傾向です

早漏グッズが効かない

 

ではなぜ、神経因性早漏になってしまうのか?

 

経験が浅いのが原因

それではよくあるのが性行為の経験が浅いって神経因性早漏になってしまう傾向があるようです。

 

たとえば初体験の一時って、慣れているいまと比べると、過剰な喜びで射精も早めだったのではないでしょうか。

 

このような事で、出来事が少ない他人は早漏になり傾向だという事になります。

 

プレッシャーが原因

性行為に対してプレッシャーがある、という手法はそれも早漏の原因になる場合があります。

 

過去のトラウマを思い出してしまってストレスがかかって仕舞うという事です。

 

それで短く射精してしまうという事があるようです。

 

本当はプレッシャーは交感神経を活性化させる作用があるので、それが早漏に繋がっているとのイメージがあるようです。

 

セロトニン手薄が原因

リフレッシュ効果のある、セロトニンという脳伝言物があるのですが、セロトニン手薄を通じて、神経が不安な状態に陥ります。

 

それによってこちらも交感神経を活性化させ、早漏に繋がるのです。

 

劣化性早漏は?

早漏,諸々

 

劣化性早漏というのは、退化により、【射精閉鎖筋】という射精の工程を司ってある筋肉が弱くなって出向く事で早漏になってしまう、というものです。

 

主にオジンに多い乱調だと言われています。

 

以下の事例に該当する手法は劣化性早漏の可能性があります。

 

ジェネレーションが40代金以上

射精の現実がなく現実がない

射精がおもらしのようである

 

筋肉の弱化が原因

突発的に早漏になってしまった、という手法は筋肉の弱化が原因です事が多々あるようです。

 

早漏の種類をご紹介させていただきましたが、みなさんはいずれにあてはまりましたか?

 

ご自身の乱調を確認して、その改善考えを取るのがよいでしょう。

 

中には早漏防止薬で改善する乱調がありますので、使ってみると良いかもしれませんね。

 

早漏防止薬はそれぞれ輸入身代わりで購入できますので、チェックしてみてください。

 

早漏TOPページにもどる

このページの先頭へ