MENU

過敏性早漏

早漏,ナーバス性早漏

 

早漏の原因をご紹介しましたが、ではその原因にあった改善のことがありますので、お話しさせていただきたいと思います。

 

そうして今回はナーバス性早漏の方法においてお話していこうと思います。

 

真性包茎、仮性包茎の方に数多く生じるナーバス性早漏に関しては、ナーバスで扇動を受けやすいわけですから、扇動に慣れる事で早漏は治療できるのです。

 

トレーニングがありますので、それで扇動に慣れていただければと思います。

 

三つのナーバス性早漏改善トレーニング

早漏,ナーバス性早漏

 

亀頭を強めるトレーニング

カリを強めるトレーニング

ペニス全体を強めるトレーニング

 

亀頭を鍛え上げる術

自慰態度の時、竿ではなく、亀頭を中心にこする

1、ペニス全てにローションをつけて扇動を慣らす
2、尿道の入り口を扇動
3、亀頭と竿の凹みを扇動

 

この形で扇動に慣れて出向くトレーニング術になります。

 

扇動になれていない部分は痛みを伴いますので、少しずつその疼痛が軽減するように手厚く刺激を与えて慣らして行くというよいでしょう。

 

入浴中にペニスの皮を剥いて亀頭にお湯といった水を交互に引っ掛ける

そうする事で、ペニスの血行がよくなるので、亀頭の皮が太くなり、扇動に強くなります。

 

歯ブラシで亀頭をし扇動

こちらもお風呂で試してみましょう。手強い歯ブラシだと痛いので、瑞々しいものを使ってください。

 

著しい刺激を与えてトレーニングそうなるとキズなどに達するケーので、案外暖かい扇動の加えヒトで少しずつ慣らしていきましょう。

 

早漏,ナーバス性早漏

 

カリを強めるトレーニング

カリを高くする事で早漏改善

一年中皮を剥いた状態で生活しておきます、すると亀頭が出ている実情なので、ショーツのすれの扇動にも生まれ変われる事ができ、カリが高くなります。

 

亀頭自慰をするとよいでしょう。亀頭自慰しながらカリを中心に扇動すればカリ高が得られます。

 

ペニス全体を強めるトレーニング

ピストン動作で射精しそうとして亀頭のつけ根面を押さえてプレスし射精を食い止める

 

自慰態度で射精直前でツボを離し射精を食い止める

 

こちらは射精を抑える事でペニスが鍛えられますので、おすすめの術だ。

 

日頃でこういったトレーニングを少しずつ欠かさず働く事で、早漏改善に向かう事ができます。

 

ただともかくこれは忍耐が必要です、どうしても継続してトレーニングができない、またはしても成果が出ない、といったヒトは早漏治療薬がそれぞれ輸入身代わりで通販購入できますので、ぜひともご物差しまでに!

 

早漏TOPページにもどる

このページの先頭へ